誰でもできる!最新スライスショット

一見、同じようなボールを打っている様に見えても、少しだけ変化をつけて相手のリズムを崩し、ラリーのペースを相手につかませないで、いつの間にか自分のペースに持ち込むことができるのが、スライスショットの特徴です!

現代版 最新スライスショットの基本をマスターすると・・・

★ 相手に打ち込まれたボールを何回でも安定して深く伸びるボールで返球できます!

★ 攻撃的に鋭く滑って低く伸びるスライスで相手のミスヒットを狙えます!

★ 高い打点から攻撃的に角度をつけて相手にプレッシャーを掛けることができます!

★ 同じ構えから、深い球、浅い球、ロブ、ドロップショット、足元に沈める球などを打ち分けられます!

★ 速いサービスのリターンや確実に深くリターンしたい時にとても役に立ちます!

★ コースを隠した鋭いスライスアプローチショットに応用できます!

★ 単調になりがちなラリー戦で、ボールに緩急をつけて相手のリズムを崩すことができます!

 

 

昔教わった、前に押していくスライスを未だに使っていませんか?

・スライスを打つと「ボールが浮いてしまう」「弱いショットになる」「球が浅くなる」「ポーチに捕まってしまう」

「ボールに力が伝わらない」こんなことで悩んでいませんか?

・スライスは上手く行かないから使わないと諦めていませんか?

「ダメだ!」と諦めてしまうには、あまりにもったいないくらい便利で役に立つショットがスライスなのです!!!

あなたのスライスショットを現代のプロのように鋭く切れのあるボールに変える為には!

 

一昔前と比べて、現代テニスはかなりスピードアップしています

今はラケットやガットの性能も上がり、ボールの回転も多く、バウンド後に伸びるような重いスピンボールが飛んできます。
このボールに対して、昔やっていたようなスライスではボールに押されてしまうことが多いと思います。

ボールに押されてしまえばスライスショットは浮いてしまったり、死んだような勢いのないボールになってしまったり、
相手に攻撃されてしまう絶好のボールになってしまいます。

10年以上前に教わった昔のスライスでは、現代のパワーテニスに対応するのは難しいのです。

より鋭くラケット面をボールに対して入れて行く技術が大事です

回転の掛かったスピードのある球に対しては、より鋭く瞬間的にラケット面を入れて行く必要があります。

その上ラケット面は安定していてしっかりと振り抜くことが要求されます。

さらにボールの深さのコントロールやコースのプレースメントが必要になります。

一瞬にしてこれらのことを行う必要があり、 それを可能にするのが、 ≪現代版 最新スライスショット≫の打ち方 なのです!

スライスショットを打つことのメリットは?

○ 遠いボールでも打ち返すことができる(守備範囲が広がる)

○ 滞空時間を稼げる(ベストポジションに移動する時間がつくれる)

○ 滑るスライスはバウンドが低く攻撃されにくい

○ サイド回転で相手をコート外へ追い出せる(オープンコートをつくれる)

○ 同じフォームでドロップやロブが打ち易い(意表をつける)

○ アプローチショットとしてネットを取り易い

○ 粘り強いテニスができる

 

ちなみにスライスショットのデメリットは?

● ウイナーショットが打ちにくい

● 速いショットが打ちにくい

● ポーチに捕まり易い

● テクニックレベルが低いと浮いてしまう

これらのメリットとデメリットを理解した上で上手にスライスショットを使えると、あなたのテニスのバリエーションは確実に広がり、もっと奥行きのあるプレーを楽しめることと思います。

 

 

 

DVD≪誰でもできる!最新スライスショット 基礎編≫
〜攻撃的に鋭く低く滑る、守備的に深く時間を稼ぐスライスショットの基本〜

収録内容

◆ やさしいスライス感覚の磨き方1 
バックスライス/フォアスライス
ネットの近くで行い、スライスでのボールへの入り方やボールの触り方などをマスターします。

◆ やさしいスライス感覚の磨き方2 
バックスライス/フォアスライス
ベースラインからやさしく打てるスライス感覚を磨いていきます。

◆ 応用編 バックスライス/フォアスライス
高い打点、中くらいの打点、低い打点でのスライスの打ち方と、打ち込まれて凌ぐスライス、攻撃的に相手コートで低く滑るスライスの打ち方を分かり易く解説しています。

◆ 特別付録 ドロップショット
フォアハンドで打ち込むと見せてからのドロップショットのやり方。
バックハンドスライスを深く打つと見せてからのドロップショットのやり方。

◆ スライスショットのイメージトレーニング用デモンストレーション
何度も繰り返し観ることで、脳の中に映像として動き方やタイミングを取り込むことができます。

◆ オンコート実践編
DVDの内容の要点を5分に凝縮。オンコート実践編はお手持ちのスマートホンでも観ながら練習できます!
実際にテニスをやりながら、自分が意識して練習するべきポイントをその場で確認することができます!

誰がやっても、このDVDのチェックポイントを守って実践していただければ、簡単に最新スライスショットが身に付く内容になっています。

 


購入する

 

DVD ≪誰でもできる!最新スライスショット 基礎編≫
〜攻撃的に鋭く低く滑る、守備的に深く時間を稼ぐスライスショットの基本〜

 

収録内容
◆ やさしいスライス感覚の磨き方?
◆ やさしいスライス感覚の磨き方?
◆ 応用編 バックスライス/フォアスライス
◆ 特別付録 ドロップショット
◆ イメージトレーニング
◆ オンコート実践編

時間 66分
価格 定価 4,600円+税

お支払いはクレジットカード(VISA、ダイナース、MASTER)または、銀行払込をご利用いただけます。

銀行払込の場合はお振込が確認でき次第、商品を発送いたします。払込手数料はお客さま負担となります。

 

特別付録1 スマホ用、ダウンロード動画
このDVDの内容の要点をスマートフォンにダウンロードして、コートに持ち込んで動画を観ながら練習できます!
せっかくDVDで観た内容を、実際にコートに立った時に忘れしまうということはありませんか?
そんな場合でも、あなたのスマホで動画の要点が観れる様になっていれば、実際にテニスをやりながら、自分が意識して練習するべきポイントをその場で確認することができます!

特別付録2 通信教育システム
オフコートプライベートレッスン
ご自身のスライスを撮影して、動画を送ってください。どこがどう違うのか、どう変わったのかを榊原コーチが直接アドバイスいたします!

 

 

最新DVD ≪誰でもできる!最新スライスショット≫
〜攻撃的に鋭く低く滑る、守備的に深く時間を稼ぐスライスショットの基本〜

 

購入する

 

 

全てのショットの基本となる動き方を知るには、是非『姿勢・脱力・視線の技術』DVDをご覧ください。
こちらをマスターされることで、その他のDVDの内容もすんなりと身体に入ってくると思います。
『姿勢・脱力・視線の技術』DVDはこちら