トッププロはなぜあんなにリラックスして、強烈なトップスピンを打るのか?

もしあなたがこんなふうに考えているのなら、
たった今、目の前にチャンスが訪れているかもしれません。
このまま下の文章を少し読んでみてください。

あなたはバックハンドはボールが上手く飛ばないと感じていませんか?

バックハンドは一番力の入る所で打たなくては、と信じていませんか?
トッププロや本当にバックハンドが上手い人は決して腕力に頼って打っている訳ではありません。
ですから一番腕力が入る所で打つというよりも、一番体幹からのパワーが伝わる所で打っています。

どうもバックハンドはタイミングが合わないと感じていませんか?

あなたは「バックハンドでは体重移動が重要だ。」と信じていませんか?
体重移動でタイミングを合わせようとする一般プレーヤーに比べ、トッププロは軸回転でタイミングを合わせています。
彼らは追い込まれてギリギリボールに追いついてもとても深く鋭いボールを返球します。
後ろから前に体重移動できない状況でもタイミングを合わせることで、しっかりとボールにパワーを伝えています。

バックハンドトップスピンは下から上にボールをこする。」と信じていませんか?

バックハンドは当りがかすれてボールが浅くなると感じていませんか?
一般プレーヤーはスピンをかけるというと、ボールをこすり上げるイメージを持っている方が多くいます。
プロの打球音を聞いたことがあるでしょうか?明らかに凄いトップスピンの効いたショットを打っているのに、
ボールが潰れたような打球音がします。ただボールの皮をむくように下から上に擦っている訳ではないのです。

≪もしもあなたがバックハンドストロークのコツをつかんだら≫

もしもあなたがバックハンドストロークで、これからお話しする
超効率的な身体の使い方を身につけたら・・・

・バックハンドを攻められても余裕と自信を持ってラリー戦を展開することができる
・試合でストローク戦になっても相手のボールが甘くなるまでねばり強くクロスラリーをすることができる・ダブルスでは相手の前衛に捕まりにくいバックハンドストロークを打つことができる

・バックハンドストロークから深いボールや伸びるボール、角度のあるボールを打ち分けることができる
・多少打点がいつもとずれたとしても、ほとんど変わらない威力のボールをいつも打つことができる
・同じフォームから相手にバレずにストレートとクロスを打ち分けることができる

・ネットに出てきた相手の横を鮮やかに抜くパッシングショットが打てるようになる
・バックハンドからオープンコートにノータッチエースのウイナーをとることができるようになる

まだまだあります

・バックハンドのトップスピンでアプローチショットを打ちネットに出ることができるようになる
・バックハンドのトップスピンロブで相手の頭上を抜くことができるようになる
・あなたが上手くさせたいと思う人に上手くなる方法を教えてあげることができるようになる

 

実践者の感想をお聞きください

体験者の感想

バックハンドストロークで攻撃している自分がいました!  30代会社員

榊原コーチからバックハンドの指導を受けてから、大会の時です。
いつもバックサイドを攻められると、どうしても甘い球しか返すことができずやられてしまいますが、今回は違いました。
決して力任せにラケットを振るのではなく、落ち着いて攻撃的にバックハンドを打っている状態に自分で驚きました。
特に厚い当りでボールを打つことができ、しっかりと落下して相手コートに入ってくれるという確信がもてました。
これからは守りでなく、バックハンドが得意なショットに変わりつつあります。
当然試合でも有利ですよね!

 

 

私はプロテニスプレーヤーとして約12年間試合を回り、現在テニススクール校長をしています。
脱力テニスインストラクターの榊原太郎です。

実は、私自身バックハンドストロークが苦手でした。
プロとして国内外の試合に10年以上周り、日本ランキングも2桁に入っていた時にも常に
バックハンドストロークに苦手意識を持っていました。

何とか上手くなる方法は無いかと20年以上研究を重ねてきました。
様々な分野の身体の使い方を研究してはテニスに応用できないかと悩み続けてきました。
そしてとうとう、「これだ!」と思える身体の使い方を見つけました。

それは、あらゆる動きに応用できる究極の身体の使い方といってもいい、超効率的にボールにパワーを
伝える身体の使い方です。その身体の使い方を知ってから私のテニスはどんどん変わって行きました。

それと同時に、私が指導する生徒さん達のプレーがどんどん変わるようになり、
テニスの上達にはこんなにも時間がかからないものなのかと正直驚きました。

その身体の使い方が分かってから世界のトッププロ達のバックハンドを見ると、フェデラーもナダルもジョコビッチも、
皆、例外なくその身体の使い方をしているということが良く分かりました。

テニスのみに限らず、イチローの様な一流の野球選手やゴルフのタイガーウッズ、バスケットのマイケルジョーダン
などもこの身体の使い方を根本的に利用しています。

彼らが意識してやっているのか、その持って生まれたセンスから無意識で勝手にできてしまっているのかは分かりません。
しかし、確実に、一流のアスリート達はその身体の使い方を実行しています。

≪自然に逆らわない身体の使い方≫

テニスというスポーツは、ボールをどこへコントロールすることができるかを競うゲームです。
ボールをコントロールするためには、いかに思った通りに、ラケットを通じてボールに適切な力の量と方向を
伝達できるのかが唯一無二のテクニックになります。

では、どのように身体のどこの部分を使えば、ボールに適切な力を伝えることができるのでしょうか?
何を意識してどのような練習をすれば、より早く確実に、バックハンドが安定し、威力のあるものになるのでしょうか?

≪筋力でなく重力を利用すると・・・まさか!≫

地球上には重力や遠心力、求心力といった様々な自然の力が存在します。
もちろん私達の身体を通してこれら自然の力を発揮することが可能です。

この自然の力を上手く使うことができれば、非力な女性や年配の方でも充分に若い男性と打ち合えるし、
ハードヒットもトップスピンもあきらめる必要は全く無くなります。

現実に私の生徒さんは70歳を過ぎてもよりボールは速くなり、動きは良くなっています。

力任せに打っていた若い男性も、この自然の力を利用することにより、無駄な体力を消耗することなく、
怪我や故障を恐れることなく、思い切ったプレーをすることが可能になります。

この身体の使い方を実践することにより、一般プレーヤーが陥り易い、
 力む ⇒ 軸がぶれる ⇒ ミスショットする 
の悪循環を断ち切ることができます!

≪誰がやっても必ず効果が現われるDVDをつくりました≫

この上達法は、ある考え方に基づいています。それは、

「人間の身体は、自然の法則に則った時に最もその力を発揮することが可能になる!」 

自然の法則に則った身体の使い方から生まれたバックハンドストロークを、 誰でもができるだけ簡単に実践できるように7つのポイントに分けて解説をしました。
その一つ一つのポイントがより分かり易いように、動画としてDVDにまとめました。

さらに、実際にどのような順番で練習して行けば、最短距離で確実にバックハンドが安定するのかを8つのステップに分けて考え、ひとつひとつ分かり易く実践できるように収録しました。

一つ一つのステップを確実にこなして行くことにより、第8ステップが終了した時点では、もうすでにバックハンドストロークで安定したラリーができるようになってしまっているでしょう。

また、もし安定しない時は一つ一つ前のステップに戻って、より易しい段階のステップをしっかりとクリアすることで、バックハンドの上達をより確実なものにすることができます。

 

購入する

 

≪両手バックの方でも片手バックの方でも大丈夫です≫

両手バックハンドの方には埼玉県大会チャンピオンの市川選手が、片手バックハンドの方には私が、
分かり易いようにデモンストレーションしています。

スーパースロー再生や繰り返し見れるイメージ動画もあり、フォームの全体像を頭に焼き付けることができます。

解説で左脳から理論を理解し、イメージ動画で右脳から動きを映像化できるので上達はより早くなります。 

 

DVDバックハンドストロークパーフェクトマスター基礎編

 

収録内容
◆バックハンドストローク7つのポイント
◆上達のための8ステップ
◆イメージトレーニング用動画
◆実録オンコートレッスン

時間 60分
価格 定価 6,912円(税512円)
   ⇒ 特別限定価格 4,968円(税368円)

お支払いはクレジットカード(VISA、ダイナース、MASTER)または、銀行払込をご利用いただけます。

銀行払込の場合はお振込が確認でき次第、商品を発送いたします。払込手数料はお客さま負担となります。

 

≪特別付録 1≫
バックハンド上達8ステップ セルフチェックシート
このチェックシートをコートに持って行き、上から順番にできた項目にチェックマークを入れて行きます。
全ての項目にチェックが入った時、あなたはバックハンドストロークに自信がついていることでしょう。

≪特別付録 2≫
イメージトレーニング用連続写真シート
いつでもテニスコートに持って行き、その場で連続写真を見ることでイメージをつくってから練習できます。
良いイメージがあるとないとでは覚える速度は格段に変わってきます。

 

 

購入する


追伸

私の経験から、練習中に振り抜いて80%以上入っているという確信が無いと、
試合で振り抜くことは難しいと思います。

それも、よほどリラックスして振り抜けないと、いざ試合では
腕や肩に余計な力が入り、スイングスピードが遅くなり、
伸びの無い死んだボールになってしまいます。

振り抜いても入る為にはしっかりとボールをつかむ感覚を身に付けなければなりません。
その為に重要なのが姿勢・脱力・視線のコントロールなのです。

全てのショットの基本となる動き方を知るには、是非『姿勢・脱力・視線の技術』DVDをご覧ください。
こちらをマスターされることで、脱力バックハンドの方もすんなりと身体に入ってくると思います。
『姿勢・脱力・視線の技術』DVDはこちら